誰にも壊されたくのない






この人は誰にも壊されたくないお城を持っているんだな、とすぐに分かった。



お城なんて持ってなさそうな素振りで

心の中で大切に、大切にしてるお城があるんだなあって


きっと簡単に外に出すわけにはいかない

面白がって興味本位で覗き込まれるだけでお城にはヒビが入るかもしれないから





私がそれに気づいたのは、

私も大事にしているお城があるからだ。



私だってずっと大事にしてきたよ

泣きながら自分で壊してしまう時もあるけど


大切な人にお城のことを知ってほしいのに

道案内に失敗してしまうこともあるけど





その人のお城を私も見てみたいなあって思ってた。でも私はどう頑張ったってお城の外側の人間だ。本能でわかる。ばーか。




手に入らない、どころか、

見ることもできないお城に想いを馳せ続けるなんて、大人はできない。



美味しそうな美味しそうな

お菓子の家はそこらじゅうにありますから

食べてみたら美味しくない可能性もありますけどね。途中でいらなくなってどうしようもないりんご飴とかペロペロキャンディも鬱陶しくて悲しいことだよ