夏に夏してる奴らが輝いていることは確かだから手始めにスイカバーを食べ始めよう



綺麗かどうか、

そればかり考えているよ最近



綺麗なことがしたい

ドロドロでグチャグチャで、

でもまっすぐ、輝いているもの





でも

ガムシロップみたいに甘い関係はだめ

熱く熱く燃えすぎてもだめ

秘密が2人の間の緊張を高めてはいけない





なんか全然思うように書けないな











乗り換えアナウンス





電車を乗り換えるような感覚で


男の人を乗り換える



嫌だな










綺麗でいたいな



人のこと変わってるとか、頭おかしいとかいうわりにステレオタイプにあてはめてんじゃねえよ





「彼氏いないんだー、結婚とかどうするの?」うるせ〜〜〜〜。


「社会人って休みなくて大変でしょ?大学に戻りたいでしょ?」うるせ〜〜〜〜。




おまえら好き勝手に私のこと変とかなんとか言うんならよ、未消化なままでいろよ私のこと


勝手にそこらへんの棚に押し込んで安心してんじゃねーーーーーー





お前らとは生きてる土俵が違いますから






痛いよ






辛い、つらい、ツライ


それにぴったり当てはまる感情をあまり私は知らない



違和感のある感情の名前だなあ




そもそも自分の感情をちゃんと説明するのが苦手



嬉しい、楽しいは、表現するの好き



ネガティヴな感情は認めたくもないから

問い詰めてくれなきゃ打ち明けらんない





松戸を通ったら好きな人のこと思い出して泣きそう

  

会いたい







黄色の杯交わし合う



気持ちの良い朝。

インターコンチネンタルの朝食バイキングでクロワッサンとワッフルばかり食べた。クロワッサンは小ぶりで、メロンパンみたいな色をしていた。



バリの街は朝から車通りが、いや、バイク通りが多い。小学生の2人乗りのバイクが私たちの車を追い越していく。この島では、4人乗りまでアリらしい。バイクはHONDAばかりだった。こんにちは、made in Japan。



























水中。






息ができなくなった。

耳が痛い。めちゃくちゃ痛い。

自分の力だけではどうにもできない。

怖くて苦しくてとても深い。


上に上がりなさいとインストラクターが促してくれたけど、水面に上がるまでの3メートルで力尽きるかと思った。


なんだよ、ダイビングってこんなに辛いのかよ。聞いてない、全然聞いてない。


おまけに水面に上がっても、

波に揺られて気持ちが悪い。

背中に背負った酸素ボンベのせいで自由に動くこともできない。


かと言って水中に潜っても、

息ができなくてつらい。

ゴーグルに海水が入ってパニックになるし、耳が痛くなるのが怖いからエンドレス耳抜き。右手で鼻を抑えて、左手で友達の手を握る。





正直海の中の魚とか海藻とかどうでも良かった。早く酸素ください。だってこの光景、何度も見たことあるよ。テレビで、雑誌で、インターネットで。酸素ボンベも耳抜きもしないでもっと綺麗に見れたよ。なんで。


   


水面まで上がると、私は残りの全エネルギーを振り絞って光の速さでフェリーの上まで上がった、つもりだったけどのろのろしてたと思う。



ふう、開放されたと酸素ボンベを降ろ、した瞬間、う、ゔぇーーーーーーきぼぢわるいぃぃぃーーゔーあーーーーやばい、あーなんだ、なんだこれ、ああ、いやーーーむりーー



胃から喉にかけて、

すごい勢いで何かが溢れてきた。

フェリーから海に向かって顔を突き出そうとする、、、あ、、こっち側はダメだ、インストラクターと友だちの頭上に向かってブツを飛ばすことになる。手で口元を抑える。うわあ、温かい。はやくはやく。反対側まで、はやく。









あ、きれい。








私の口から透けるように黄色の液体が出ていった。そのままそれはゼリーみたいな海の上に浮いて、波に流されて、、、、








「うわーーーーーっっっ」


「きったねぇ!!!!!!」



「なんか、流れてきてんだけどっ!!!」








切羽詰まった状況下での私の渾身の気遣いも虚しく、私のキイロは2人の元へゆらゆら、ゆらゆら向かっていった。





友だちはともかくとしても

(していいのかな)

出会って数時間のインストラクターが私のキイロを被ってるなんて、




「あははははははは!!!!!」


「あっははは!ご、ごめんなさい、、ふふふ、はは、あははは!」




陸に戻ったあと、

私も友だちの水中ゲロ(キイロ)を被っていたことを知る。まじか。水中で出してたんですか。




「お互い(インストラクターは除く)のキイロいゲロを被りあった私たちは特別な絆で結ばれましたね」


と言ったらインストラクターは


「ふざけんな!」


って言って笑ってた。



   


明日の朝食バイキングでもクロワッサンとワッフル食べなきゃ、そう思ったよ。





















誰にも壊されたくのない






この人は誰にも壊されたくないお城を持っているんだな、とすぐに分かった。



お城なんて持ってなさそうな素振りで

心の中で大切に、大切にしてるお城があるんだなあって


きっと簡単に外に出すわけにはいかない

面白がって興味本位で覗き込まれるだけでお城にはヒビが入るかもしれないから





私がそれに気づいたのは、

私も大事にしているお城があるからだ。



私だってずっと大事にしてきたよ

泣きながら自分で壊してしまう時もあるけど


大切な人にお城のことを知ってほしいのに

道案内に失敗してしまうこともあるけど





その人のお城を私も見てみたいなあって思ってた。でも私はどう頑張ったってお城の外側の人間だ。本能でわかる。ばーか。




手に入らない、どころか、

見ることもできないお城に想いを馳せ続けるなんて、大人はできない。



美味しそうな美味しそうな

お菓子の家はそこらじゅうにありますから

食べてみたら美味しくない可能性もありますけどね。途中でいらなくなってどうしようもないりんご飴とかペロペロキャンディも鬱陶しくて悲しいことだよ